発毛が必要な男性の頭

「発毛で失敗した」という体験を耳にして、発毛治療を恐れてはいませんか?しかし恐れているだけでは、いつまで経っても悩みは解決しません。正しい知識で気持ちよく発毛をしていきましょう!

発毛する事はモチベーションアップにも繋がる

何事にも結果が出ていることはモチベーションにも繋がります。それはAGAにおいても同じになるでしょう。発毛を求めるような状況というのは、頭皮が薄くなっていることを意味しますので、やはり生えていることはモチベーションアップに繋がります。AGAは男性ホルモンの影響を受けて薄毛になり、その原因を取り除くためにフィナステリドが使われますが、あくまでも抜け毛を予防し、育毛効果があるだけですので、頭髪の本数を増やすことは残念ながらできません。よって薄く本数が少ないのであれば発毛が必要になることから、その結果が出ているというのは、とてつもないモチベーションアップになるでしょう。問題は発毛剤になります。いままでは塩化カルプロニウムを用いて、血管を拡張し、頭皮に血流を促進する効果を期待し、発毛へのアプローチを試みていましたが、現在はミノキシジルを使用するのが主流になっています。塩化カルプロニウム と同じ作用を働きますが、ミノキシジルには毛周期を整える効果もありますので効果的です。AGAで悩んでいる人の多くが、基本的な毛周期ではないことが多いです。抜けた毛根というのは、休止期になっていることが多く、それが原因で頭髪が生えてきません。ミノキシジルには毛周期を整える効果があり、休止期になった毛乳頭を再び目を覚まさせて成長期移行させる効果もあります。効果的な発毛を期待することができるでしょう。ただミノキシジルは初めて使い始めた場合、初期脱毛が起きることが多いです。個人差はありますが、びっくりするほど抜けてしまうことがありますが、最初だけですので安心してください。モチベーションが落ちてしまう原因になりますが、医薬品が効果を示している証拠でもありますので我慢が必要です。

年々、発毛治療する人が増加しています

近頃はテレビコマーシャルなどで、病院で発毛治療が受けられることが世間に知られるようになっていますが、AGAという男性型脱毛症に効果があるAGA治療薬のジェネリック医薬品が登場してきていることから、比較的安価に処方してもらえるようになったこともあり、年々少しずつ、発毛治療を受ける人が増加してきています。発毛治療というと外用薬を髪の毛が薄くなっている部分の頭皮に塗布したり、ヘッドスパを受けたりするというイメージがありますが、補助的な治療として外用薬を頭皮に塗布することはあるものの、ヘッドスパを施すということもなく、一番一般的な治療方法は内服薬の処方です。お医者さんの指示する用法、用量を守って服用を継続することによって、一年間で五割以上の人が何らかの発毛の実感を得ています。もう一年AGA治療薬を服用を継続すると発毛を実感できる人はもう一割増えるとされています。このようにAGA治療薬の効果が高いのは、AGAの直接の原因となるジヒドロテストステロンという男性ホルモンが発生するのを直接抑えることができる医薬品だからです。市販されている頭皮に塗布する育毛剤は、頭皮の毛細血管の血液の流れを改善させて、髪の毛に栄養素が充分に送り込まれるような補助的な効果しか期待できません。また、AGA治療薬はうつの症状が現れるなどといった副作用を引き起こす可能性がゼロではないため、お医者さんの用法、用量を守って服用することが大切です。恥ずかしいからといって、AGA治療薬を個人輸入をして手に入れようとすると、偽者をつかまされたり、副作用に悩まされる可能性がありますので、止めるようにする必要があります。お医者さんは患者さんの秘密はきちんと守ってくれます。

ストレスや睡眠時間と発毛の関係性

最近、抜け毛や薄毛が気になってきたという場合には、日頃の生活習慣をもう一度見直しをしてみる必要があります。抜け毛が増えてしまう原因として、まず、毎日のヘアケアが間違っている可能性もあります。頭皮を清潔に保つことは大切ですが、シャンプーを1日に2回も行って、頭皮が乾燥してしまうと角質が固くなってしまい、かえって皮脂の分泌異常を引き起こしてしまい、脱毛に繋がってしまう恐れがあります。シャンプーは、1日1回までにし、洗髪後にはきちんと乾かすようにしましょう。また、喫煙や過度のアルコールの摂取、野菜不足や脂質の多い食品や刺激物を食べ過ぎるなど、し好品や食生活の乱れも、髪の毛の成長に大きく影響していまいますし、ストレスや心的不安が長期間継続することも、脱毛を促進させてしまう原因となります。「ストレスが続くと抜け毛が増える」というのは単なる迷信ではなく、ストレスによって毛髪の成長が止まってしまうことは、臨床実験でも確認されている事実です。日常のストレスをしっかり解消させるためには、生活の中に軽めのジョギングや散歩などの適度な運動を取り入れ、夜更かしを避けて、しっかり睡眠を取ることが大切です。毎日の睡眠をしっかりと取ることは、身体を正常な状態に保ち、ストレスの溜まりにくい体を作ることができますので、髪の毛を発毛させて健やかに育てるためには、とても大切なことであるとされています。とくに、男性ホルモンの分泌が最も活発になるのは、夜の22時~深夜2時の間であると言われていますので、この時間には、しっかり睡眠が取れるような生活習慣を身につけて、細胞分裂と新陳代謝を助け、健康な髪を作ることを心掛けるようにしましょう。